MEDICAL DEVICES

消毒・滅菌システムについて

当院では受診される方お一人おひとりに滅菌済みの器具を使用することを徹底しています。
当院の滅菌システムは 超音波洗浄→水洗→オートクレーブ(滅菌器)→紫外線照射下での保管の順序で行うことにより、
スタッフの2次感染予防まで考慮したシステムを構築しています。
当院では感染対策の進んでいるヨーロッパ基準で、滅菌・消毒を行っています。

DACユニバーサル2(ハンドピース滅菌器)

歯を削合したり、研磨する器具(タービン、ハンドピース)を滅菌する機械を導入しています。感染対策を徹底することにより、安心して治療を受けていただける環境を整えています。

ウルトラソニック L&L(超音波洗浄器)

大型超音波洗浄器と治療器具用の界面活性剤を使用することにより細菌、ウイルスの不活性化の効果を倍増し、その後の滅菌を確実なものにすることができます。

DCデントクレーブ ハイスピードスチーマー

高圧、高温の蒸気で細菌やウイルスを死滅させ治療器具を滅菌する機械です。132度、11分で滅菌ができるため、時間の短縮につながり当院の滅菌システムを支えています。

拡大鏡 SurgiTel(サージテル)8倍率

歯科医療先進国アメリカにおけるトップクラスの歯科医院では拡大鏡を装着したチームアプローチによって患者さんのお口の健康を生涯にわたり守っています。当院を受診される方には、それと同じレベルの精密な『診査・診断』に基づく、『治療』または『メンテナンス』を世界最高水準で受けていただくことができます。

トロフィーパン スマートオシリス 3D

当院ではCT装置を導入しております。3D画像で診断することにより、顎骨の厚み、歯根や神経の位置などを正確に把握することができ、より正確で精密な治療を行うことが可能になります。CT撮影で懸念される被爆は、表1から分かるように低被爆線量で無駄な被爆を最小限に抑えることができる機種を選んでいます。

トロフィーカム(CAD/CAM システム)

CT装置(トロフィーパン スマートオシリス3D)と連携させることにより、コンピューター上で補綴装置(白い被せ物や詰め物)を設計し、ブロックを削り出すことで、短時間での作製やより強固な補綴装置の作製が可能になります。 2014年4月から小臼歯部に対してCAD/CAMを用いて作製したハイブリッドセラミックスという材質の被せ物が保険適応されることになりました。そのため、当院では保険診療で小臼歯部に白い被せ物を作ることができます。当装置を用いた補綴装置の誤差は±25μm(※)と、精度の高い補綴装置を提供することができます。
※1μm=1/1000mm 髪の毛の太さが約100μmですので、髪の毛の1/4程度の誤差というレベルの高精度です。

092-533-2525
【診療時間】9:30-13:00 14:00-18:00
(水・土午後/日祝のぞく)

当院は、ご予約の患者さまが優先となります。
事前にお電話にて、ご連絡をお願いいたします。